トップページ > 工房日誌 > 古書五車堂の切手付き栞・2013秋

古書五車堂の切手付き栞・2013秋

A229765_DxO
この夏ご好評だった、古書五車堂とポール工房のコラボレーション企画、切手付き栞が再び登場します。

11月1日(金)~17日(日)の間、岡山市中区浜の古書五車堂の店舗にて、本1冊お買い上げにつき、ポール工房特製の切手付き栞1枚を差し上げます。1冊につき1枚なので、5冊なら5枚というわけです。
栞についている切手は一枚一枚異なりますので、お好きな切手をお選び頂ければと思います。

今回の切手は、チェコスロバキア、ブルガリア、ポーランド、スウェーデン、フランス、デンマーク、アメリカと各国バラエティに富んでいます。その中からちょっといくつかご紹介。
PA229767_Dx
これはアメリカ切手で、肖像は作家のウィリアム・サローヤンですね。
僕も「パパ・ユーアクレイジー」は読みましたが、こういう顔立ちの人とは初めて知りました。

PA229766_DxO
ポーランドの切手。この人はロシアの地理学者で探検家のようです。
ちょっとほのぼのとする雰囲気の切手です。

PA229769_DxO
こちらはデンマークの鉄道切手。イラストが美しい。

PA229772_DxO
これもポーランドの切手。描かれているのは「ワルシャワサイクリスト協会」のようです。
僕はポーランド語はまるでわからないので、切手に記された情報をGoogleで調べているのですが、
こうやって調べるのも切手を鑑賞する楽しみの一つだと思います。

上記の切手、基本的にどれも1点物になりますので、なくなっていた際はご容赦ください。

僕も古書五車堂さんにはちょくちょく行っているのですが、棚を覗く度に「こんな本があったのか」という新たな発見があります。岡山近辺の方でまだ行ったことがないという方、あるいは「オープンした頃に行ったよ」という方、この機会にまたぜひお立ち寄り頂ければと思います。

2013年11月1日(金)


Related Posts