トップページ > 工房日誌 > アメリカのポストカード

アメリカのポストカード

OLYMPUS DIGITAL CAMERAポール工房では「Letters to Samuel」というレーベルでトートなどを作っていますので、ときどき手紙や郵便にまつわる話を書いています。今回取り上げるのはアメリカのアンティークなポストカードです。

上の写真はオレゴン州の「ブーンズ・エル・パド・モーテル」のもの。おそらくモーテルが客室のアメニティとして制作したものでしょう。撮影されたのは1950〜60年代だと思われます。

ちなみにモーテルとはMotorとHotelを組み合せた造語で、自動車で旅する人たちのためのホテルとしてアメリカを中心に発達しました。日本でも昔はモーテルと名のつくロードサイドのホテルがちらほらあったものです。

このエル・パド・モーテル、ハイウェイ沿いに存在したようですが、夜空に浮かび上る建物と看板がなんとも旅情を誘います。街灯の光りも美しくアスファルトを照していますね。ふと駐車場に目をやると、停まっている車はクラッシックカーと呼びたいものばかり。このあたりにも時代が感じられます。

ハガキのオモテ面にはモーテルの概要も記されています。ちょっと訳してみましょう。

AAA(注:アメリカ自動車連盟の略で、宿泊客が会員だと各種サービスを受けられる)
21部屋 無料ラジオ 電話 無料テレビ 清潔なベッド
新しくモダンで広々とした部屋、浴槽付きのタイル張りバスルーム、床一面のカーペット、近くにリクリエーション・エリア有り。ダウンタウンのショッピング街すぐ。

現在からすればとりたてて特徴のあるホテルではないでしょう。しかし、当時からすれば最新の設備だったのかもしれません。オーナーの誇らしげな顔が目に浮ぶようです。リクリエーション・エリアが具体的に何だったのかわかりませんが、僕の脳裏にはなんとなくビリヤード台の付いたバーが浮びます。

もし旅先の誰かからこんなポストカードで手紙をもらったら、旅情に駆られて思わず泊まってみたくなるかもしれませんが、残念ながらこのエル・パド・モーテル、現在は既に廃業しているようです。ポストカードの中にだけ存在する幻のモーテルなのです。

2015年2月23日(月)


Related Posts