工房日誌

Posted on 2013-11-14
ポールの制作ノート

PB149926_DxO
これは僕が使っている制作ノートの1ページです。わざわざお見せするほどのものじゃありませんが、制作の一端もわかりますし、そういう方面に興味のある方もいらっしゃるかもしれませんので、ちょっとご紹介しようと思います。

ちなみに上の写真は、制作途中のスタンプを試し押ししているところ。最終的には布でテストしますが、始めの段階では紙に押して雰囲気を確かめています。この段階はフォルムがまだぎこちないです。

PB149923_DxO
使っているのは無印良品のダブリングノート。表紙がしっかりとした厚紙なのが気に入っています。このノートは2冊目ですね。

PB149925_DxO
これはスタンプの元になるスケッチ。カモメの写真はけっこう折にふれて撮っているのですが、その写真の中からいくつかのカモメの姿をピックアップして、それを元にスケッチしています。カモメのはずが、鳩になったりカラスになったりしないように気をつけています(下の鳥はちょっと鳩っぽいですが)。

PB149928_DxO
このあたりは現行のスタンプにかなり近付いていますね。押して確かめては版を削り、それを繰り返して徐々にフォルムを整えているところです。首の角度が意外と難しいですね。ちょっと違うだけで印象が変わります。

PB149930_DxO
これはご近所トートの1羽バージョンの試行錯誤。最初は3羽を組み合わせる形も考えていましたが、くどいということで最終的には1羽だけに落ち着きました。

PB149931_DxO
これは打って変わって、名刺のデザインを考えているところです。左側にカモメのシルエットを大きくあしらって、という感じで、ほぼ今の名刺と同じレイアウトですね。
ちなみに下に書いてある文章は映画「アラビアのロレンス」のセリフ。気になったのでメモしました。こういう関係のない落書きもたくさんあります。

PB149932_DxO
豆トートの寸法を考えているところ。自分にだけわかればいいや、と思って書いてますが、ごちゃごちゃになってくると自分でもわからなくなり、正しい数字を丸で囲んだりしています。最終的には別に寸法図を起こします。

PB149933_DxO
豆トートのPOPに載せるイラストを描いてますね。こういうものが豆トートの中に収納できますよ、ということでリップクリームとかピルケースとかヘアバンドが見えます。描きかけて止めているのがちらほらありますが。

PB149935_DxO
これはグループ展を開催したときのメモ書き。納品数量を計算しているところです。下の方にある筆袋は、今販売している文具入れのこと。筆袋というネーミングもどうなのか、と思って考えた挙げ句、最終的に文具入れという名前に落ち着きました。ネーミングも難しいです。

PB149936_DxO
これは何なのでしょうか。自分でもよく思い出せませんが。描いているうちに興が乗ってきて、塗りつぶしたくなってきたのかもしれません。

というわけで全部が全部、このノートに書いているわけではなくて、ロディアのメモ帳とかそのへんのコピー用紙に走り書きもしていますが、こうやって残しておくと、後で見返したときに何かと役に立つこともありますね。実際、残しておいて良かったと思うことが結構あったりします。手書きノート、おすすめです。

2013年11月14日 木曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-11-07
切手の話vol.4 シャーロック・ホームズ

PB06908_DxO切手の話ばかり書いていると、「ポール工房はいつから切手商になったのか」と言われそうですが、今回は1993年にイギリスで発行されたシャーロック・ホームズの切手です。

この切手は5種類1セットで発売されたもので、ホームズが登場する5篇の小説がそれぞれ描かれています。左写真は「ライギットの大地主」という小説のワンシーン。左の紳士がホームズ探偵、右がワトソン博士です。

ホームズが転地療養していた最中の事件、ということでおそらく療養中らしく彼の下半身に毛布が掛かっているのでしょう。バイオリンはふだんからホームズが趣味で弾いているもの。毛布やバイオリンの描写は小説には出てこないので、切手デザイナーによる脚色ですが、かなり芸が細かいです。

絵そのものにも挿画っぽいちょっと独特な雰囲気がありますね。線や影となる黒インクの部分はおそらく凹版印刷によるものだろうと思います。これは原版に彫版師がじかに版を彫っていく手法で、手彫りの跡がそのままインクになって現れます。

IMG_4022例えば、この場面は殺人事件の現場に残されていた手紙の切れ端をホームズが虫眼鏡が覗いているところですが、拡大すると右の写真になります。

手紙にもしっかり文字が書かれています。しかも、小説に出てくる「at quarter to twelve learn what maybe」という言葉まで再現。画像下の目盛りが1mm単位ですから、どれくらい小さな文字がおわかりでしょう。切手の彫版師はこの文字を原寸(!)で彫っているんですね。

このあたり、まさに彫版師の腕の見せ所かもしれませんが、この手紙の文字を刻みたいが故に、「ライギットの大地主」という小説が題材に選ばれたのではないか。そんな勘ぐりさえしたくなります。

PB069905_Dx左は同じシリーズの中から「バスカヴィル家の犬」。結末近くのクライマックスの場面です。ここまで画面が暗い切手も珍しいんじゃないでしょうか。それでいて、人物や犬が黒く潰れることなく、くっきりと描かれている。このあたりは印刷技師の腕の見せ所かもしれません。

右は「ホームズ最後の事件」で、ホームズがモリアーティ教授と対決して滝壺に落ちるという有名な場面です。ふたりの緊迫した姿もさることながら、岩肌にシダが生えているところとか、モリアーティの懐から懐中時計が飛び出しているところとか、このあたりも芸が細かいなあ、と感心します。

切手を作っている人たちが嬉々として取り組んでいる様が目に見えるようで、眺めていてじつに楽しい切手です。ちなみに左上に入っている金色の横顔はエリザベス女王の肖像。切手には国名を表記することが万国の間で取り決められていますが、イギリスは世界最初に切手を作った国ということもあり、国名の代わりに女王の横顔を入れているのです。

2013年11月7日 木曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-10-29
古書五車堂の切手付き栞・2013秋

A229765_DxO
この夏ご好評だった、古書五車堂とポール工房のコラボレーション企画、切手付き栞が再び登場します。

11月1日(金)~17日(日)の間、岡山市中区浜の古書五車堂の店舗にて、本1冊お買い上げにつき、ポール工房特製の切手付き栞1枚を差し上げます。1冊につき1枚なので、5冊なら5枚というわけです。
栞についている切手は一枚一枚異なりますので、お好きな切手をお選び頂ければと思います。

今回の切手は、チェコスロバキア、ブルガリア、ポーランド、スウェーデン、フランス、デンマーク、アメリカと各国バラエティに富んでいます。その中からちょっといくつかご紹介。
PA229767_Dx
これはアメリカ切手で、肖像は作家のウィリアム・サローヤンですね。
僕も「パパ・ユーアクレイジー」は読みましたが、こういう顔立ちの人とは初めて知りました。

PA229766_DxO
ポーランドの切手。この人はロシアの地理学者で探検家のようです。
ちょっとほのぼのとする雰囲気の切手です。

PA229769_DxO
こちらはデンマークの鉄道切手。イラストが美しい。

PA229772_DxO
これもポーランドの切手。描かれているのは「ワルシャワサイクリスト協会」のようです。
僕はポーランド語はまるでわからないので、切手に記された情報をGoogleで調べているのですが、
こうやって調べるのも切手を鑑賞する楽しみの一つだと思います。

上記の切手、基本的にどれも1点物になりますので、なくなっていた際はご容赦ください。

僕も古書五車堂さんにはちょくちょく行っているのですが、棚を覗く度に「こんな本があったのか」という新たな発見があります。岡山近辺の方でまだ行ったことがないという方、あるいは「オープンした頃に行ったよ」という方、この機会にまたぜひお立ち寄り頂ければと思います。

2013年11月1日(金)

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-10-28
粟島探訪記

PA279801_DxO
先日の日曜日、香川県の粟島(あわしま)というところに行きました。今回はそのレポートです。もう、工房の活動に直接関係のないこともどんどん書いていく所存ですので、宜しくお願いします。

スクリーンショット-2013-10-28-20.28.粟島は瀬戸内海に浮かぶ島で、今回、瀬戸内国際芸術祭2013が開催されている島の一つです。僕は岡山に住んでいるので、岡山県側の児島というところから船でいったん本島に渡り、そこからさらに高速船で粟島に渡りました。

上の写真はまさにその高速船で粟島へ向かっているところ。僕は基本的に後部のデッキに座って、波しぶきを浴びるのが好きです。

IMG_3957_DxO
粟島港に上陸。瀬戸内芸術祭の期間中で、台風一過の日曜日だったせいか、かなりお客さんは多いです。

PA279808_DxO
カモメも飛んでいます。向こうには竜宮城も見えます。

PA279811_DxO
粟島港。きれいな海ですね。釣りをしている人も結構いました。

PA279809_DxO
これは廃止された海員学校の建物。とても洒脱な洋館です。
ここでも芸術祭の作品は展示されているのですが、先を急ぎます。

PA279815_DxO
芸術祭の作品とは関係ないんですが、とあるお宅に飾られていた貝殻の貼り絵。
お花畑に蝶々が飛んでいるイメージでしょうね。面白いアイデアです。

PA279819_DxO
これも芸術祭の公式作品ではないんですが、たぶん島の人たちによる自主的なアート。
いやね、こういうのを見るのが楽しいんですよ。

PA279822_DxO
防鳥ネットだと思うんですが、色々なものを吊してます。

PA279824_DxO
これも非公式の作品だと思いますが(違ってたらすみません)、
鮮やかな鶏頭と一緒にオブジェが並ぶ様がよいです。

PA279827_DxO
今回の目的だった漂流郵便局。これは芸術祭の公式作品です。
ポール工房も「手紙」がテーマになっていますから、ちょっと興味があったのです。

PA279845_DxO
ここでは誰かが誰かに宛てた手紙がここに集められていて、自由に読めるようになっています。
ようするに実際には届かない漂流した手紙がここに流れ着いているという趣向です。
粟島の浜辺に上がった貝殻やガラスのかけらなどの漂着物も展示されていて、まさに漂流郵便局。

この日は郵便局長さん(元は実際に粟島郵便局の局長さんだった方)がいらしたのですが、
僕が手に取った漂着物を見て、「それはヒトデなんですよ。スカシカシパンという名前なんです。菓子パンなんて面白い名前でしょう」と教えて頂きました。いやあ、もっとお話を伺いたかったなあ。

あいにくと会期は11月4日までなのですが、何らかの形で続けてもらえるとうれしいですねえ。

PA279849_DxO
郵便局を出て、島を散策します。

PA279862_DxO
小高いのところに登ると遠くに海が見えます。僕はこういう眺めが好きですね。

PA279865_DxO
路地の向こう側に、海がちらりと見えます。理想的な路地です。

PA279870_DxO
民家の軒先に漁に使う網が干されています。こういう光景もうれしくなります。

PA279871_DxO
こちらは本物のカモメ。この写真はいずれポール工房のポストカードに転用するつもり。

PA279875_DxO
海を眺めて物思いにふけるひととき(実際はiPhoneでメールチェックしてました)。
このあたりは塩飽諸島と言うのですが、僕の知っている岡山近辺の島ともちょっと雰囲気が違いますね。
上手く言えませんが、しっとりとした感じがあります。

PA279876_DxO
宣伝っぽい写真になってすみません。ちょっと撮ってみたかったのです。

IMG_3964
日が暮れかかる頃に島を離れます。船が出るとき、港の人たちが「さようなら、お元気で」という幕を掲げてお見送りをして下さいました。ちょっとじーんとくる光景でした。ありがとう、粟島!

今回の芸術祭が終わっても、また、いつか行ってみたい島ですね。

2013年10月28日 月曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-10-23
文具入れ、新登場!

PA229775_DxO
新アイテムの「文具入れ」がポール工房に登場しました。こちらのトップに掲載しております。色はモスグリーン、チョコ、キャメル、レッド、ブラックの5色です。

PA179685_DxOこの文具入れ、ひとことで言えば「袋」。その袋を二つ折りにして、革紐で縛る。そういう、いたってシンプルな構造のケースです。

すでに販売している筆入れはペンケースに特化していて、ボールペンなどがピシッと収まるところが僕は気に入っているのですが、その分、厚みのあるものが入りませんでした。
お客さまからも「もっと厚みのあるものも入れたいのよ」というご要望を頂いて、ここはひとつ、筆入れとは別にそういうケースを作るべきかと思い至った次第。

PA229783_DxO文具入れはいわば合切袋みたいな感じですから、全部をひとまとめに入れておくことができますが、もちろん文具にこだわらなくてもかまいません。

例えば、僕はiPhoneのコードとエネループの充電器を入れて持ち歩いています。自転車に乗る人なら、パンク修理セットと簡単な工具を収納して、背中のナップサックに入れておくという使い方もあるでしょうね。

先日、福山市で開かれた「ここちよいもの」展でも先行販売しましたが、ご好評頂きました。 ペンケースでもなく、ポーチでもなく、何か細々としたものを収納できるケースはないかしらとお探しの方に是非おすすめしたいアイテムです。

2013年10月23日 水曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-10-21
ブリキの角缶

PA219756_DxO岡山県に宇野という港町があります。ここから高松や直島に向けてフェリーが出ているのですが、その宇野にある「bollard(ボラード)」というお店で買ったのが左のブリキの角缶。

僕は箱マニアじゃないんですが、やはりトートなどを作っていると、細々とした部品や工具が結構増えてくるんですね。それで、どうしても整理する箱が必要になってきます。

この角缶はブリキ製なので使っているうちにおそらく錆が出てくると思います。その経年変化もちょっと楽しみ。ポール工房のトートなんかでもそうなんですが、やはり僕は使っているうちにマテリアルが変化していくものが好きなんですね。

PA219758_DxO箱ついでにご紹介すると、右は「倉敷意匠アチブランチ」で買った紙の箱。これは防水用にわざわざロウ引きしてあります(ロウ引きしてないのもありました)。

僕の実家は元々製造業をしていたんですが、子供の頃、取引先の業者さんからこういう武骨な感じの箱に収まって部品が送られてきたりしたものです。個人的にはちょっと懐かしい雰囲気。ふだんは商品タグを保管したりしてます。

PA219760_DxOあと頂き物のお菓子の箱などもけっこう活躍します。左は近江屋洋菓子店のバームクーヘンが入っていた箱。中身も美味しく頂きましたが、この右横書き英文併記のパッケージデザインも舶来っぽさ満載でしびれます。こういうのを捨てるのは勿体ないです。豆トートをしまっておくのに丁度いい大きさです。

洋菓子店の箱であれ、新品のブリキの角缶であれ、使っているうちにだんだんと働く箱の顔になってくる。その雰囲気の変化も僕は好きなのです。

2013年10月21日 月曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-10-14
日曜日のマルシェ

写真 2013-10-13 10 43 52今日はeMV岡山店さんで開かれているマルシェニシイチに行ってきました。岡山に備前西市という駅がありますが、その近くにお店があるので、マルシェニシイチというわけです。

このマルシェ、このブログでも何度か登場している古書五車堂さんも参加していて、今回は僕の豆トートも一緒に販売して頂くことになったのです。

で、ちょっと様子を見に行ってみようと、僕も会場を訪れたのですが、結局、気がついたら五車堂店長と一緒にお店に立っていました。ご来場頂いた皆さん、慣れない感じで接客させて頂いたのがポールです。たどたどしいご対応ですみませんでした。

五車堂店長も迷惑だったかと思いますが、僕自身は古本屋さん気分を味わえて、非常に楽しかったです。ここだけの話、一度、本の陳列とかやってみたかったのです。

そういうわけで、秋の穏やかな日差しの中、お客さまがウキウキと買い物とされている姿を見させて頂いたのですが、それだけで僕も十分幸せな気分になりました。マルシェはフランス語で「市場」という意味ですが、なんと言いますか、ああ、やっぱり市場っていいなあ、買い物って楽しいことだなあと思いました。

この日のことは何年たっても思い出すでしょうね。幸せな日曜日をどうもありがとうございました。

2013年10月13日 日曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-09-30
ご来場ありがとうございました!

写真 2013-09-30 18 18 36ここちよいもの展、無事に終了致しました。ご来場並びにお買い上げ頂いた皆様、そして告知にご協力頂いた皆様、どうもありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

今回、僕にとっては初めての作品展だったわけですが、改めてグループ展でよかったな、と思います。これが個展だったら、右も左も分からず、どうなっていたかわかりません。たぶん、途中で泣き出していたと思います。梅田さん、だいまるさん、そしてギャラリーくわみつさんのお力添えに感謝です。

さて、我々の展示は終わりましたが、ギャラリーくわみつさんでは今後も素敵な展示が続きます。写真は、10月8日(火)から始まる佐々木紀政さんの木彫展。猫の表情がなんとも味わい深いですね。

福山駅から徒歩5分の場所にありますので、ちょっとした時間待ちの間にでも、ぜひお立ち寄り頂ければと思います。

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-09-27
僕の福山案内


広島県福山市で開催中の「ここちよいもの」展、おかげさまで大勢の方においで頂いております。誠にありがとうございます。会期も後2日となりました(9/29日(日)まで)。どうぞ宜しくお願い致します。

福山と言えば鞆の浦が有名です。僕も今回、時間があるときに鞆の浦まで足を伸ばして、旅行記みたいな記事を投稿しようかなと考えていたのですが、あいにくと親知らずが虫歯になりまして、抜歯したりしたものですから、ちょっとその時間と体力がなく行けておりません。

幸い、去年訪れたことがあるので、そのときの写真をもとに鞆の浦をご紹介します(アップ・トウ・デートな写真じゃなくてすみません)。この鞆の浦、福山駅からだとともてつバスで大体30分ぐらい。本数も多いし、気軽に行けます。ちなみに上の写真は、福禅寺(対潮楼)から見える港の風景です。


福禅寺の石段を降りようとしたら、日陰で猫が寝ていました。
漁港の野良猫は、だいたい人間慣れしてますね。近寄ってもあまり逃げたりしません。


鞆は路地の多い町。僕はこういう路地を見ると、膝を抱えてうずくまりたくなります。
なぜか幼児退行したくなるのです。


こちらは理容店をされていたんでしょうね。提灯っぽく掲げられたトリコロールがキュートです。


こういう古い町並みも残っています。


これはホーロー看板。僕が古い町を歩くときの楽しみの一つがこのホーロー看板です。
「志らが染」とあるのは白髪染めのこと。販売元はビゲンヘアカラーで有名なホーユーです。


カモメも飛んでます。港に船が入ってくる度にワイワイガヤガヤ集まってきます。


保命酒という薬用酒が地元の名産。これはその製造元の建物みたいです。何の建物なんでしょう。
壁にハシゴが付いてますが、これを登るのは高所恐怖症の僕には無理です。


このナマコ壁も趣がありますね。


左端の小坊主さんは僕にちょっと似ています。


いい港ですね。映画の舞台になりそう。


鞆の海は気持ちのよい海です。こういうところでおにぎり食べたら美味しいだろうなあ
(あいにく、おにぎりもおやつも用意していませんでした)。

いわゆる観光的な歩き方はしてないんですが、保命酒は買っておけばよかったかな、とちょっと後悔しています。あと、鞆の浦では食事しなかったので、お店は紹介したくてもできません。

というわけで、グルメガイドは福山駅近くのお店を。
  
船町の中国料理店「青冥(ちんみん)」。
「麻婆ランチ」を食べましたが、本格的な味で美味しかったですね。お値段もお手頃。
店内もシックですから、デートに利用するのもいいと思います(僕は一人でしたが)。


元町の喫茶店「ルナ」。お店のつくりがいいですね。内装も味がありました。
純喫茶好きの方にはぜひともおすすめしたいお店です。

あと、写真はありませんが、伏見町の洋食屋「ともんちゃ」。
ここのデミカツセット(デミグラスソースの掛かったトンカツのセット)を頼んだのですが、
トンカツは脂身がほどよく入った豚肉で、非常にグッドでした。やはり豚肉は脂身が美味いです。

ここちよいもの展は残り2日となりましたが、それに関わらず、是非また秋の行楽シーズンにでも福山に足を運んで頂ければと思います。尾道もすぐそばですよ。

2013年9月27日 金曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

Posted on 2013-09-18
「ここちよいもの展」始まります

すでにお知らせしています「ここちよいもの展」、いよいよ明日から始まります。まだまだ先だと思っていましたが、あっという間ですね。

布・土・紙の三人展「ここちよいもの」
会期:2013年9月19日(木)〜9月29日(日)
   AM11:00〜PM6:00
場所:大黒ギャラリーくわみつ
   (広島県福山市大黒町1-1:地図

土はだいまるきみ子さん、紙は梅田剛嗣さん、そして布は不肖この中原ポールめでございます。この三人が「ここちよいもの」というテーマのもと、それぞれの素材に取り組んで、作品を発表しています。

もちろん、会場では展示だけではなく販売もしていますので、お気に入りの作品がありましたら、ご購入も頂けます。今日、ギャラリーさんと参加作家とで設営作業をしてきましたので、早速作品の一部をご紹介していきましょう。



だいまるさんのトロールの土鈴です。陶器で出来た鈴で,トロールは小鬼のことですね。
土鈴は縄文時代には既にあったようなんですが、だいまるさんの作品も
ユニークなフォルムのなかにどこか太古の雰囲気があって、心に馴染んできます。


これもだいまるさんのキャンドルライト。もちろん陶器です。
ご本人には言わなかったんですが、内心「これはすごいな」と。
だいまるさんは造形感覚と質感の捉え方が非常に独創的で、尚かつそのバランスが絶妙です。


梅田さんの文箱とトレイ。備前焼みたいに見えますが、和紙で出来ています。
表面は柿渋染めなんですが、柿渋は塗り重ねるごとに固くなるので、カチコチでとても丈夫。
この色彩感覚も梅田さんならではで、非常に幻想的ですね。僕の大好きな作品です。


これも梅田さんの藍染めのタペストリー。
梅田さんのすごいところは、精通した染めの技術を駆使して
幻想的な世界観を表現しているところですね。画面構成もカッチョいい!


最後に中原ポールです。
今回、トートに関しては今まで通販に登場してこなかった配色を中心に展示しています。
あと、ペイントトートも初お目見えです。


豆トートはもちろん、豆巾着など小物の雑貨もたくさんご用意しています。
豆巾着は印鑑を入れておくのにいいですよ。僕も自分で使ってます。

というわけで、福山市には鞆の浦もあります。鞆の津ミュージアムもあります。
ふくやま美術館では9月23日まで「歌麿とその時代展」も開催されています。お立ち寄りの際には、福山駅徒歩5分のくわみつギャラリーもぜひ覗いて頂ければと思います。

ちなみに中原ポールは9月21日(土)午後と28日(土)午後に在廊しています。どうぞ宜しくお願い致します。

2013年9月18日(水)

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

3 / 512345