日々の話

Posted on 2013-09-27
僕の福山案内


広島県福山市で開催中の「ここちよいもの」展、おかげさまで大勢の方においで頂いております。誠にありがとうございます。会期も後2日となりました(9/29日(日)まで)。どうぞ宜しくお願い致します。

福山と言えば鞆の浦が有名です。僕も今回、時間があるときに鞆の浦まで足を伸ばして、旅行記みたいな記事を投稿しようかなと考えていたのですが、あいにくと親知らずが虫歯になりまして、抜歯したりしたものですから、ちょっとその時間と体力がなく行けておりません。

幸い、去年訪れたことがあるので、そのときの写真をもとに鞆の浦をご紹介します(アップ・トウ・デートな写真じゃなくてすみません)。この鞆の浦、福山駅からだとともてつバスで大体30分ぐらい。本数も多いし、気軽に行けます。ちなみに上の写真は、福禅寺(対潮楼)から見える港の風景です。


福禅寺の石段を降りようとしたら、日陰で猫が寝ていました。
漁港の野良猫は、だいたい人間慣れしてますね。近寄ってもあまり逃げたりしません。


鞆は路地の多い町。僕はこういう路地を見ると、膝を抱えてうずくまりたくなります。
なぜか幼児退行したくなるのです。


こちらは理容店をされていたんでしょうね。提灯っぽく掲げられたトリコロールがキュートです。


こういう古い町並みも残っています。


これはホーロー看板。僕が古い町を歩くときの楽しみの一つがこのホーロー看板です。
「志らが染」とあるのは白髪染めのこと。販売元はビゲンヘアカラーで有名なホーユーです。


カモメも飛んでます。港に船が入ってくる度にワイワイガヤガヤ集まってきます。


保命酒という薬用酒が地元の名産。これはその製造元の建物みたいです。何の建物なんでしょう。
壁にハシゴが付いてますが、これを登るのは高所恐怖症の僕には無理です。


このナマコ壁も趣がありますね。


左端の小坊主さんは僕にちょっと似ています。


いい港ですね。映画の舞台になりそう。


鞆の海は気持ちのよい海です。こういうところでおにぎり食べたら美味しいだろうなあ
(あいにく、おにぎりもおやつも用意していませんでした)。

いわゆる観光的な歩き方はしてないんですが、保命酒は買っておけばよかったかな、とちょっと後悔しています。あと、鞆の浦では食事しなかったので、お店は紹介したくてもできません。

というわけで、グルメガイドは福山駅近くのお店を。
  
船町の中国料理店「青冥(ちんみん)」。
「麻婆ランチ」を食べましたが、本格的な味で美味しかったですね。お値段もお手頃。
店内もシックですから、デートに利用するのもいいと思います(僕は一人でしたが)。


元町の喫茶店「ルナ」。お店のつくりがいいですね。内装も味がありました。
純喫茶好きの方にはぜひともおすすめしたいお店です。

あと、写真はありませんが、伏見町の洋食屋「ともんちゃ」。
ここのデミカツセット(デミグラスソースの掛かったトンカツのセット)を頼んだのですが、
トンカツは脂身がほどよく入った豚肉で、非常にグッドでした。やはり豚肉は脂身が美味いです。

ここちよいもの展は残り2日となりましたが、それに関わらず、是非また秋の行楽シーズンにでも福山に足を運んで頂ければと思います。尾道もすぐそばですよ。

2013年9月27日 金曜日

RSS Feed  Tags:,
Posted in 工房日誌 | Comments Closed

 

2 / 212